医療分野に貢献している新亜光学工業株式会社の精密機械

新亜光学工業株式会社の精密機械が医療現場にプラスを届けている

治療をする際も欠かせない医療系の精密機械

治療機器の種類とは

病院や歯科医などの医療機関において、治療で活用する精密機械は複数あります。

例えば、美容外科でシミや黒ずみなど皮膚のデリケートな汚れ除去や内科や外科で静脈にできた腫瘍を除去する際に、レーザー治療を行います。通常の手術であれば麻酔を打ち、医師が患部を除去して縫う作業まで行います。レーザー治療であれば、患部を焼いたり細い部分に針を刺したりするだけで、治療効果が出ます。身体への負担が少ないうえ治療後も出血や痛みが出にくいため、患者さんにとっても心強さを得られるはず。痛みに不安を抱いて治療を受けるのを躊躇う人はいますが、その不安軽減も図れます。

新亜光学工業株式会社は、さまざまなカメラ部品の製造や開発をしました。経験や実績を活かして、レーザー治療で使用する機器の製造も行います。

カメラで使う技術とは?

2014年の光量調整装置以外にも複数の特許取得実績がある新亜光学工業株式会社。カメラで使用する技術が精密機械の製造に繋がり、医療分野の発展に貢献しています。

例えば、カメラフィルムやセンサーに一定時間光を当てて、光を遮断するシャッターユニット。適度な明るさに調整できるうえ、鮮明な画像が残せます。光を受けてから発電を行い、電気を蓄えて作動する電子式なら、画像を残すのに短時間で済みます。他には、カメラレンズの膜開閉をしながら光の通過や遮断を調整する機械式があります。シャッターの設置場所によって歪みや画像の調整が図れるのも、1つの強みです。

新亜光学工業株式会社が提供するシャッターユニットも、医療系の精密機械に使われています。治療用レーザーにもスキルを活用しているかもしれません。時間や負担を掛けずに検査や治療ができることで、医療分野の貢献をしています。


▲先頭へ戻る