医療分野に貢献している新亜光学工業株式会社の精密機械

新亜光学工業株式会社の精密機械が医療現場にプラスを届けている

医療で使われている精密機械と新亜光学工業株式会社について

診察機器について確認

レントゲン撮影をしたり内視鏡検査で体内の細かい部分を診察したりする時にも、精密機械の技術が欠かせません。画像を鮮明に残せる以外に、患者さんが負担を抑えて診察を受けることができれば、病気の早期発見ができる以外に医療発展の観点でもプラスになるはず。

その中で、レントゲンの場合、放射線というX線を用いて疾患や不調の状態確認を行います。放射線での被ばく量が200mSv以上だと身体への影響を及ぼしかねません。禁煙のレントゲンの放射線量は、1mSv以下のものが多く、身体への負担が大きく掛かりません。

新亜光学工業株式会社は、外部からの光を取り入れて赤外線の量を調整するオートアイリスをはじめカメラ部品製造を行います。医療で使用する診察機器にも活用されているでしょう。

難しい仕事も可能かつ輸送面の対策も徹底

レントゲン撮影や内視鏡カメラのような精密機械には、多くの部品を使用します。組み立てや取り付けのような作業でも、一つひとつを丁寧にしないと質の高い画像を残せません。また、壊れやすい製品であるため、輸送時に衝撃や落下をしてしまえば、機器として使用なくなるはず。それにより、発注の依頼を受けた医療機関のスケジュールに支障をきたすことも。

新亜光学工業株式会社は部品組み立てをはじめ細かな作業も妥協しません。検品作業まで徹底してから輸送へと繋げます。トラックや船舶を用いて行う輸送を自社社員が行い、安全運転以外に積み上げ時も万全な対策をします。これまで大きなトラブルが起きていないのも、信頼の高さが確認できるポイントです。


▲先頭へ戻る